戦国大名・北条家に纏わる逸話「二度汁」。

 

北条家4代目当主・北条氏政が、食事の際に汁を一度、飯にかけたが、汁が少なかったのでもう一度汁をかけ足した。これを見た氏政の父であり先代・北条氏康は「毎日食事をしておきながら、飯にかける汁の量も量れないとは。北条家も俺の代で終わりか」と嘆息したという。実際、北条家は氏政の代に、羽柴秀吉に攻められて滅んだ。

 

さて、それがしですが、これまで人生で何千回とネクタイ締めながら、いまだ一発で長さがキマりません。長すぎてもう一度締め直してみたら、今度は短すぎたり…。

 

そのたびに、二度汁の逸話を思い出します。

 

スクリーンショット 2018-08-09 6.11.04

 

今日も二度汁ならぬ、二度ネクタイでした。

 

 

コメント入力欄

メールアドレスが公開されることはありません。

*

プロフィール

代表取締役社長
吉田皓一
奈良県出身。慶應義塾大学経済学部卒業後、朝日放送入社。テレビ営業部で3年勤務したのち退職し、ジーリーメディアグループ創業。東京・台湾・香港を往復しつつ、細々と事業を展開しております。趣味は酒と飯です。車・ゴルフ・時計等一切興味なし、ただひたすらに美酒と美食を求めて日本全国を巡っています。

Instagram