スクリーンショット 2017-12-11 12.33.14

 

 

日本人3人が飛行機の中で酔って騒ぎタバコを吸ったため、飛行機が途中で引き返すという事案が発生しました。

全くもってお恥ずかしい限りです(何わろとんねん…..)

 

最近、台湾における日本人の迷惑行為や犯罪に関する報道が増えています。

 

今年10月には、42歳の日本人男性が台北市内の駐車場で女性とわいせつ行為におよび、公然猥褻で送検されるという事案もありました。

 

 

また近年では、台南市内でバスに乗車した日本人の中年女性が、運転手を蹴る、物を投げるなどして怪我をさせるという事案もありました。

なににこんなキレてるんでしょうか….。

 

 

こちらは野球の侍ジャパン、クラブでオネーチャンとバカ騒ぎし、あげく道路にシャンパンを撒き散らす様子を、台湾メディアにバッチリ撮られました。

 

喝だ!!!!

 

 

並べだしたらまだまだありますが、この辺でやめときます……..

 

こういった行為は毎度瞬く間に、台湾地元メディアの格好のネタとなり(台湾メディアはこういうのが大好物です)、Facebookを経由してガンガン拡散されます。また台湾版2ch的な掲示板「PTT」には、日本に対する罵詈雑言が並びます。結果として、著しく日本のイメージを貶めています。

 

 

また、犯罪には至っていませんが、日本人のひとりよがりな行為が、台湾の方々に迷惑をかけているケースも少なくありません。

 

以前、台北の旅行博に出展された或る日本の団体の「旅行博打ち上げ宴会」に出席したことがあります。その宴会は30名以上が集う大規模な宴会で、台北市内の居酒屋で行われたのですが、あまりにバカ騒ぎがすぎ、周囲にいた一般のお客さんに迷惑が及び、お客さんが次々と、嫌な顔をしつつ店を出て行ってしまいました。挙げ句の果てにビール瓶やグラスが割れ、トイレには吐瀉物、お店の店主も奥さんも怒気を帯びた目で我々を見ていました。私は店主と奥さんに言い尽くせる限りの謝罪を述べましたが、本当に後味が悪かったです。日本のPRのために旅行博に来ているのに(しかも日本の税金で)、実際やっていることは日本の印象を毀損するものでしかありませんでした。

 

犯罪や迷惑行為でなくとも、台湾人に非常に横柄な態度を取る人もたくさんいます。レストランやホテルで、スタッフの人が一生懸命日本語で説明しているのに、それを大声でさえぎって日本語でまくしたてているオッサンオバハンを見ると、同じ日本人として恥ずかしくなります(若い人は見たことがありません、すべて中年以上です)

 

こういう傍若無人な人は、欧米観光ではネコのようにちんと大人しくしているのに、台湾に来るとトラへと豹変し、急に凶暴化します。台湾の人が皆やさしく気さくで、なおかつ至る所で日本語が通じてしまう事が、彼らの傍若無人ぶりを助長させているようです。

 

昨今、日本では訪日外国人増加に伴い、外国人の迷惑行為や犯罪が増えたため「観光公害」などと言われています。「外国人はマナーが悪い」などと眉をひそめている方々、「お前が言うな」です。日本人も外国でバンバン公害を撒き散らしています。

 

わたくしも台湾で働く身として改めて我が身を振り返ります。台湾の社員や取引先だけでなく、日々接するコンビニの店員やタクシーの運転手にも礼儀礼節をもって接し、全ての人に感謝をし、自らを律して行こうと思います。

  1. よしだ より:

    私は中国に住んでいたことがある日本人ですが、ご指摘のようにマナーの悪い日本人もいることは事実です。それは彼らにとって反省すべきことで、よく考えなければいけないことですが、やはり日本人のごく一部のことであり、それをもってして、訪日している外国人のマナーを批判することに「お前が言うな」は当てはまりません。一部をフォーカスして全体を批判することはナンセンスであり、誇大な批判で建設的ではないです。

    日本人による中国や中華民国での殺人事件等の重大犯罪の発生率は極めて低いですが、その逆つまり日本における台湾人や中国人の重大犯罪率はかなり高いものとなっている事実があります。日本人もよく考えて行動する必要はありますが、そのような観点からしましても、一部をフォーカスして全体を批判するあなたの論調には何か違和感を感じざるを得ません。そう、まるで中国人が日本人を批判するときのような理屈です。「お前に国もそういうことはあるだろう。だから人のことは言えない」などという理屈が通るのであれば、世の中すべての対話は意味のないものとなり、自分の悪いところはすべて正当化できてしまいます。

    中華民国台湾に住んでいるようですし、中華民国の肩を持ちたいお気持ちはわからなくもないのですが、もうすこし客観的な視点をお持ちになられると、今後さらに豊かな時間を得られるのではないかと思います。

よしだ にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。

*

プロフィール

代表取締役社長
吉田皓一
奈良県出身。慶應義塾大学経済学部卒業後、朝日放送入社。テレビ営業部で3年勤務したのち退職し、ジーリーメディアグループ創業。東京・台湾・香港を往復しつつ、細々と事業を展開しております。趣味は酒と飯です。車・ゴルフ・時計等一切興味なし、ただひたすらに美酒と美食を求めて日本全国を巡っています。

Instagram