商品・お土産におけるインバウンド集客の課題

  • 訪日外国人観光客のインバウンド需要(爆買い)に対応するため、商品やブランドの認知を広げたい。来日前の下調べの段階で、ブランドや商品のイメージを持ってもらいたい。
  • 薬や化粧品、家電製品、文房具など日本メーカーならではの商品の優位性を外国人観光客に知ってほしい。インバウンド対策を通じて商品のブランディングをしたい。
  • 空港や土産店で購入するお土産(お菓子、お酒など)として、自社の商品を帰国直前の外国人観光客に想起させたい。台湾人が喜ぶ日本のお土産として認知させたい。
  • インバウンド広告や海外メディアへの掲載を通じて、自社製品を台湾人に魅力的に見えるよう訴求してほしい。

商品・お土産のインバウンド対策例

  • 台湾No.1日本旅行サイト「樂吃購(ラーチーゴー)!日本」に商品、お土産の紹介ページを作成。商品の認知促進やブランディングのお手伝いをいたします。
  • 台湾のアンテナショップ「MiCHi cafe」で、商品サンプリング・アンケートを1週間に渡り実施。

結果(実績紹介)

  • 配信後、空港内でのお菓子売上が伸びて1ヶ月当たり4000万円程の売上になった。(お菓子卸売業者・松プラン)
  • 掲載された商品は非常に人気で仕入も追いついていない。(雑貨・竹プラン)
  • インバウンド向けに力を入れている卸先(ドラッグストア・バラエティショップ)が「樂吃購(ラーチーゴー)!日本」の存在を知っていて、営業ツールとして使えたことで、新たな流通先が確保できた。今後はMiCHi caféでの期間限定販売を実施して相乗効果を図りたい。(ヘアケア生活用品・竹プラン)

実績クライアント(一部)

資生堂 ゼリア新薬工業 千寿製薬 佐藤製薬 明治 ワコール 他(順位不同)

実績紹介 - 記事一覧