はるか昔、豊臣秀吉が墨俣に一夜城を築き、敵味方の度肝を抜いたのは有名な話です。

maxresdefault

秀吉は優れた働きをした人足たちに褒美を多く与え、彼らの作業を競わせて、結果として神がかり的な速さで築城を達成したと言います。

これやがな!競争やがな!!

ということである日突然思いつき、さっそく社員を競わせてみました。

社内を東軍・西軍に分けて、東軍は北海道・東北・東京・沖縄、西軍は関西・北陸・九州のそれぞれのコンテンツを担当し、PVを競ったり、企画を競ったりして、勝った方にボーナス、というのを導入してみたわけです。

実施1ヶ月と経たぬうちに、社員から非難轟々。

東京・大阪・台北オフィスのほぼ全員から

「競争するのはイヤだ」「意味がわからない」とボロクソに言われましたw

「競い合うより助け合ったほうが絶対に良いものができる」とも。

これが中国人なら「競争に勝って、より高い評価と報酬をもらうのは当然のこと」「私の方が優れてるのに、評価が同じなのは許せない」と考えるでしょう(あっちのが社会主義国なのに)が、台湾人は必ずしもそうでないようです。ある意味、日本人ぽいのかも知れません。

自分で言うのも何ですが、ウチは零細企業の割に、非常に優れた人材が揃っています(社長はポンコツですが)

そしてほとんどが台湾人、なおかつ女性です。

彼女ら戦闘力の高い武将に、どうやってやる気になっていただくか、まだまだ修行が続きます。

コメント入力欄

メールアドレスが公開されることはありません。

*

プロフィール

代表取締役
吉田皓一
奈良県出身。慶應義塾大学経済学部卒業後、朝日放送入社。テレビ営業部で3年勤務したのち退職し、ジーリーメディアグループ創業。北海道FM northwave パーソナリティ、中国語YouTuber、日本酒輸出、台灣交通部(国交省)Taiwan Pass Project顧問。特技は宴会の仕切り。

Instagram