近年、エスカレーターのマナーに変化があるようです。

 

以前はエスカレーターに乗れば、東京は右側を、大阪は左側を、急いでいる人のために空けるのがマナー、といわれていました。しかし去年から、日本エレベーター協会、日本民営鉄道協会などは「エスカレーターでは歩かず、片側を空けず、手すりにつかまる」ことを啓発するキャンペーンを実施しています。

 

d5181-182-803986-0

 

私は元来、効率の悪い事が大嫌いなのですが、昔からエスカレーターの片側を空けるという謎のマナーは非効率すぎると、常々思っておりました。エスカレーターに行列ができているのに、片側はスカスカという現象は、明らかに非効率であり、アホでしかありません。

 

そもそも、手すりにつかまった場合と駆け上がった場合の所要時間の差は、5〜10秒程度しかありません。どうせ家では何時間もダラダラしてるくせに、なぜそんなに5秒が惜しいのか、ならもっと余裕を持って行動すれば良いのに、と思っていました。そもそも急いでるなら階段をつかえば良い話です。

 

ですので、上記の手すりキャンペーンを目の当たりにし、やっと時代が私に追いついたか(?)と思ったものです。

 

しかしキャンペーンの効果も虚しく、現状は日本全国でエスカレーター片側空けの悪習慣はほとんど改善していません。相変わらずエスカレーターが混雑しているにもかかわらず、片側はスカスカに空いている非効率が続いています。

 

ですので、私は最近では、エスカレーターが混雑状態で片側が空いていたら、率先してそこを埋めるように立ちます。後ろから駆け上がってくる人がいようがいまいが、長坂の戦いの張飛の如く、敢然と立ちふさがります。

 

i-img600x316-1527915392dr5o0s88049

【参考画像】長坂の戦いで、魏の大軍の行く手を阻む張飛翼徳

 

そうすると自分自身も行列に並ばずエスカレーターに乗れますし、私の後ろに人がどんどん乗ってきますので、効率の改善にも貢献できます。たまに後ろから急いでいる人の殺気を感じたり、舌打ちが聞こえてきたりしますが、意に介しません。正義は我にありますから、堂々としていればいいのです。

 

ちなみに、私の生活圏のエスカレーターのうち、駆け上がりの流れをせき止めた時に最も強烈な殺意を感じるのは、山手線品川駅と、中央線東京駅のエスカレーターです。ここの2箇所で駆け上がりをせき止めると、後ろから、急いでいるサラリーマンの「どけ!」と言わんばかりの強烈な殺気が感じられます。

 

どうせそういうタイムマネジメントの出来てない人ほど、会社に着いたらダラダラ仕事してるんです、きっと。

 

心に余裕を持って生活したいものです。

 

 

  1. 楽太郎 より:

    歩くなら階段どうぞ!と思うけれど、
    成田第二ターミナルのようにエスカレーターに階段が併設されていないところは困ります😢なんど電車に乗れなかったことか🤔

コメント入力欄

メールアドレスが公開されることはありません。

*

プロフィール

代表取締役社長
吉田皓一
奈良県出身。慶應義塾大学経済学部卒業後、朝日放送入社。テレビ営業部で3年勤務したのち退職し、ジーリーメディアグループ創業。東京・台湾・香港を往復しつつ、細々と事業を展開しております。趣味は酒と飯です。車・ゴルフ・時計等一切興味なし、ただひたすらに美酒と美食を求めて日本全国を巡っています。

Instagram