周回遅れYouTuber、やっとチャンネル登録者数1万人到達しました。

 

95252940_3891875687521769_8775611933786112000_n

 

昨年末に若手経営者の会で、まこなり社長にお会いしてお話を拝聴し、強烈なシゲキをいただき、そこから社内体制を整えて、旧正月明けから本格始動して3ヶ月、だいぶ軌道に乗って来ました。

 

 

 

自分は元々Facebookのフォロワー77万人、インスタのフォロワー1万人、ラーチーゴー!のユニークユーザ月間240万人、尚且つ企画や編集を社内分業にしてます。そして当社台湾法人の広報担当が、台湾のテレビ局はじめメディア各社に動画を差し込んでくれます。

 

スクリーンショット 2020-05-11 11.49.20

↑台湾大手メディアに「授権」し、拡散してもらってます。

 

と、これだけゴリゴリに”補助輪”付けていただいてても、やっぱりしんどいです(泣)ひとり徒手空拳で始めて人気YouTuberに上り詰める人はマジですごい。  

 

当然ですけど、テキストや画像だけで拡散できるFacebookやInstagramとは、かかる手間が格段に違います。でもYouTubeはテキストや画像より圧倒的長時間見てもらえるので、これは発信する側としては大きなモチベーションになります。

 

最近アチコチで「YouTube始めました」と聞くようになりました。皆んな自分の考えを自由に発信してはって、ほんまにええ話やなと思います。以前、山口周さんが、優秀な人材の定義について「オールドタイプ」「ニュータイプ」と分けて解説してはって(画像引用させて頂きます)

 

96127941_3891875674188437_8282157510446546944_n

 

ホンマそうやなぁと思いました。ルール遵守、KPIで管理、生産効率追求、そういうのって勿論大切なんですけど、前ほど重要では無いわなと、それを有難がるのは平成までやなと。令和の時代の「優秀な人材」は、自分で構想して、自分がオモロいと思うものをどんどん創って、創るだけじゃなくてガンガン発信する人やと思います。

 

最近小学生の将来の夢1位がYouTuberだったりするらしいですが、素晴らしいと思います。自分が面白いと感じたものを世界に発信する、これってめちゃくちゃ価値創造してます。学歴・職歴ビカビカなだけのエリートは、合コンではウケても、ビジネスではもうウケません。人材として「モテる」のは、自分で考えて自分で発信できる人。

 

わたくしも、スベって容赦ないコメント食らう事も多々ありますが、心折れることなく発信しようと思います。

コメント入力欄

メールアドレスが公開されることはありません。

*

プロフィール

代表取締役社長
吉田皓一
奈良県出身。慶應義塾大学経済学部卒業後、朝日放送入社。テレビ営業部で3年勤務したのち退職し、ジーリーメディアグループ創業。東京・台湾・香港を往復しつつ、細々と事業を展開しております。趣味は酒と飯です。車・ゴルフ・時計等一切興味なし、ただひたすらに美酒と美食を求めて日本全国を巡っています。

Instagram