命を燃やす人事面談25連発終了。

 

社員数25人なら、まだまだ各武将(社員)個々のパーソナリティややりたい事など、把握できてます(たぶん)。今後もベンチャー企業のように拡大最優先ではなく、「低成長」路線で着実に事業展開してまいります。

100903197_3981425281900142_4485816130597814272_o

 

社員が長く幸せに働ける会社とはどんな会社なのか。私のYouTube師匠であるまこなり社長は、こうおっしゃいます。

 

 

 

まこなり社長曰く「会社は結局、社長で決まる」。これはスタートアップや中小企業に限らず、大企業でもそうです。会社の最終意思決定者である社長の考え方は、企業のビジョンからオフィスの雰囲気まで、会社のすみずみに影響を及ぼします。パワハラ・セクハラも長時間残業も、結局は経営者がそれらトップダウンで是正するしかない問題を看過してしまっているからです。社員が幸せに働けないなら、その責任は社長にあります。

 

創業以来、理想のリーダーシップとはどんなものか、社長とはどうあるべきか、考えない日はありませんが、現時点で行きついたひとつの見地があります。

 

老子曰く(またかよという声が聞こえてきそうですが)

四流の指導者は、下からバカにされている。
三流の指導者は、下から畏怖されている。
二流の指導者は、下から慕われ称賛されている。
一流の指導者は、下からその存在を知られているだけである。

 

(太上は下これあるを知るのみ。その次は親しみてこれを誉む。その次はこれを畏る。その下はこれを侮る。)

 

その後に続けて曰く

 

君主が誠実さを欠いて余計な事をすると、民衆からの信頼を失う。だから理想的な君主は悠然としてめったに口を挟まず、人々が力を合わせて事業を為す様にさせて、民衆が「我々の力で国が良くなった」と自らを誇れる様にするのだ。

(信足らざれば、焉(すなわ)ち信ざられざること有り。悠(ゆう)としてそれ言を貴(おも)くすれば、功は成り事は遂(と)げられて、百姓(ひゃくせい)は皆我自ら然(な)りと謂(い)う。)

というものです。

 

老子にすれば「君主は愛されるより恐れられよ」で有名なマキャベリの君主論は三流、「和を以て貴しと為す」孔子の論語は二流なのかもしれません。

 

最善の統治とは「何もしない事」。

 

超然!!!宇宙!!!

 

ここで言う「何もしない」とは、問題を放置するとか好機を見過ごすとか言う意味では断じてなく、正確に言うと「何もしなくても良い状況をつくり出す」と言う意味です。その為に必要なのは、問題があればそれを解決させてハイ終わりにせず、どうすれば同様の問題が再発しないか、組織全体を勘案して改善する事、また好機を逃さない為には、経営側がKPIなどのパラメータだけで管理せず、時機に応じて臨機応変に対応できる組織を目指す事です。言わばピンポイントで病巣を除去する西洋医学的な治療よりも、全身の調子を整えて病気になりにくい身体をつくる、東洋医学的アプローチに重きを置く事です。

スクリーンショット 2020-06-02 11.30.53

 

会社もそれぞれ、経営手法もそれぞれです。このような「無為自然」を志向する方法が、どの会社にとっても最善とは限りません。上場企業の場合、多くの株主に短期的利益を約束していますし、資金調達しているベンチャーは急いで拡大しなければなりませんから、このような統治方法は向いていないかも知れません。ただ、世の流れとして、このように無理をせず自然の流れに逆らわない経営手法は、とてもsustainable(持続可能)であり、変化に強いと言う特徴がありますから、そのエッセンスを導入する価値はあるはずです。

 

そもそもコロナど真ん中にある当社では、大将のそれがしもいくさ場で槍働きする今日この頃で、私なんか老子の言う一流にはほど遠いです(四流!?w)が、いつかはかくありたいものです。

 

↓私の未来の理想型。(©️ラズウェル細木 ニチブンコミックス)

 

IMG_0202 2

IMG_0203スクリーンショット 2020-05-31 20.54.37

コメント入力欄

メールアドレスが公開されることはありません。

*

プロフィール

代表取締役社長
吉田皓一
奈良県出身。慶應義塾大学経済学部卒業後、朝日放送入社。テレビ営業部で3年勤務したのち退職し、ジーリーメディアグループ創業。東京・台湾・香港を往復しつつ、細々と事業を展開しております。趣味は酒と飯です。車・ゴルフ・時計等一切興味なし、ただひたすらに美酒と美食を求めて日本全国を巡っています。

Instagram